ハムブログ~株式投資でセミリタイヤ目指す~

生ハムが節約と株式投資でセミリタイヤを目指すブログです

【米国株】ヘルスケアセクターの個人的買い付け候補(2019年2/10版)

 

前回は今後の方針などざっくりとまとめてみましたが、今回はより具体的なPFの中身(買い付け候補)を自分用にまとめていきたいと思います。

 

基本方針はシーゲル先生のデータから、リターンの高かったセクターの中から業績、配当、増配、時価総額など見ながらリストアップしていきます。

 

 米国のセクターは下記の11種類

  1. 生活必需品(Consumer Staples
  2. ヘルスケア(Health Care
  3. 公共事業(Utilities
  4. 情報技術(Information Technology
  5. 資本財(Industrials
  6. エネルギー(Energy
  7. 電気通信(Telecommunication)
  8. 一般消費財(Consumer Discretionary
  9. 記入(Financials
  10. 素材(Materials
  11. 不動産(Real Estate


前回も掲載しましたが米株のセクター毎のリターン表です。

f:id:namahamu1186:20190209163942p:plain
※米国株のセクターは上記にREITを足した11セクター です。

「株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす」より1957年から2003年までの実績リターン

 

と言う事でヘルスケア、生活必需品、情報技術、エネルギー、一般消費財の5セクターの中から、今回はヘルスケアセクターから買い付け候補を選んでいきます。

 

f:id:namahamu1186:20190210112352p:plain

 

 リターン1位セクター ヘルスケア(Health Care)

f:id:namahamu1186:20190210105947p:plain

※2019年2月10日時点での時価総額上位

 時価総額ではJNJ(ジョンソン&ジョンソン)が飛びぬけていて、UNH(ユナイテッドヘルス・グループ)、PFE(ファイザー)、MRK(メルク)と続き、その下はさらにもう一段落ちるといった感じですね。

 

 続いて連続増配年が長い順に並べてみました。

f:id:namahamu1186:20190210105354p:plain

※2019年2月10時点のデータです。 

 

個人的には配当利回りの高さももちろん大事ですが、連続増配年と時価総額を重視したいと考えています。(米国の上位企業ばかりなので時価総額は皆高いですが)

上位4銘柄が連続増配年40年以上で非常に魅力的ですね。

JNJ(ジョンソン&ジョンソン)は僕も日常生活でもリステリンなど使っているので馴染みもあります。

 

この中から銘柄、時間ともに分散して買い付けを行っていく予定です。

後日、他のセクターや個別の分析も行えたらと思います。 

 

 ◆関連記事◆

www.hamublog.work

 



↓米株を始めるにあたって参考にした書籍